Pocket

オオクニヌシパート3です

 

大国主神(おおくにぬしのかみ)のざんねん解説

 

大国主神(おおくにぬしのかみ)のざんねん解説2

 

 

兄ともめた原因は女性問題

 

1にも書きましたが

オオクニヌシは2回兄たち(八十神)に

殺されています。

 

殺されかけたではなく

殺されたです。

 

 

ヘタレた末っ子なのですが

 

イケメンです。

 

 

 

へたれは2度殺される

 

八十神(兄たち)は

因幡の国の八神姫に求婚します。

 

 

が、選んだのはオオクニヌシ。

 

 

怒る八十神は

オオクニヌシを2回殺し

 

母が尽力して

天の神様の力を借りて

生き返らせてもらいましたが

 

「また殺されるに違いない」

 

と思った母に逃がされます。

 

 

そして紆余曲折の末に

根の国のスサノオのもとへ。

 

 

オオクニヌシ一目ぼれ!

 

根の国のスサノオのところには

スセリビメという娘がいました。

 

スセリビメもオオクニヌシも

お互いに一目ぼれ!

 

即結婚しよう!と盛り上がる。

 

スサノオの出す無理難題も

ふたりで力を合わせて解決し

 

無事スセリビメは正妻に。

 

 

あれ、ヤガミヒメは?

 

スセリビメは

ものすごーーく嫉妬深いです。

 

ヤガミヒメと結婚するのが

八十神に殺されるキッカケだというのに

スセリビメを正妻に。

 

でもヤガミヒメとも結婚し

さらに子供も先に出来た。

 

スセリビメの嫉妬を恐れたヤガミヒメは

うまれた子を木の俣に挟んで

実家に帰ってしまいました。

 

ヤガミヒメ・・・かわいそすぎる。

 

 

八千矛神の別名を持ちます

 

オオクニヌシには

八千矛神(ヤチホコノカミ)という別名があります。

 

鉾の形を思い浮かべてください。

 

銅鉾(どうほことは) - コトバンク

 

・・・察してください。

 

八千人くらいとおやりになられたのかもしれません。

 

子供の数は

180柱(古事記)とも

181柱(日本書紀)とも言われています。

 

 

新潟に美女がいるといけば

わざわざ口説きにいったり。

 

そりゃ正妻スセリビメも

嫉妬深くなるだろ!という

 

チャラい一面もお持ちになる神様です。

 

 

イケメンって得だよね。